貯金ができない人の4つの特徴(男・女)

貯金ができない人の4つの特徴(男・女)

収入が多くても、なぜか貯金ができないという人は男性にも女性にも一定数存在します。夫婦どちらかが貯金ができない場合、妻または旦那が一方的に家計を圧迫することとなり、それがストレスとなり離婚の原因にもなってしまいます。

専業主婦として家計の管理を任されているけれど、やりくりが上手くいかずに貯金できないと悩んでいるケースもあります。

貯金ができない人に共通する特徴とは何なのでしょうか?性格的観点から見ていきましょう。改善法についても触れています。

もし、あなたが結婚を考えている彼女(彼氏)、または結婚しているあなたの妻(旦那)が、これらの特徴に当てはまるようなら、貯金が底を尽きてしまう前に改善を試みた方が良いかもしれません。




貯金ができない人の特徴(男・女)

楽観的過ぎる性格

将来の心配をほとんどせず、今が良ければオッケーだと思っている楽観的でポジティブな性格の持ち主は、貯金ができない場合が多いです。

このようなタイプの人は、お金は使うものであり、なくなってもまた稼いでくればいい、と考えています。独身の男性に多く、高収入である人も多いです。いわゆる金遣いが荒い人ですね。

若いころは後先考えずにお金を使う浪費家であっても、結婚して家庭を持つと考えを改める人も多いので、改善の余地はあります。

経済的観点から見れば、お金は使った方が経済が回るので良いのですが、特に子育て家庭である場合は失業などもしものことも考えてある程度の貯金額はキープしておくべきですよね。

人づきあいが良い性格

社交的で誘いが多い人は、お金が貯まりにくいです。家計の出費額の中で、交際費・レジャー費というのは個人差が大きい部分です。

普段食費を抑えるためにいくら安いスーパーをはしごして数百円節約したとしても、友達に誘われて頻繁に飲み会やレジャー施設などに出掛けていればすぐに家計は赤字になってしまいます。
男性の場合、部下や後輩の面倒見が良く気前がいいタイプも、貯金ができにくいケースが多いですね。人望があるのは素敵なことではありますが、交際費が家計を圧迫していないか改めて考えてみる必要があるかもしれません。

ただ、貯金するために人生の楽しみを失ってしまうのは勿体ないことなので、毎月使える交際費・レジャー費の限度をあらかじめ決めておくと、ストレスが少なく貯金ができるでしょう。

飽きっぽい性格

趣味や好み、夢中になれることがコロコロ変わってしまう飽きっぽい性格の人、三日坊主の人は貯金ができにくい傾向にあります。

何かを始めるときというのは最初が一番お金がかかるものです。例えば、何かの習い事や通信講座を始めるにしても、最初は入会金や教材費など色々揃えるための初期費用がかかります。それをコロコロと移り気をして色々なこと中途半端にやめて、色々試していると結局何も身につかず、お金がいくらあっても足りないという状態に陥ってしまいます。

洋服や流行り物についても同様です。気に入ったらすぐに飛びついて迷わず買うものの、すぐに飽きてしまうため、どんどん物が増えていく一方でお金は貯まりません。

また、飽きっぽい人というのは意志も継続させにくいので、目標の貯金額や出費の制限額を設定して、最初は頑張って守っていても、そのうちにルールを守って貯金することにも飽きてしまいます。

ルーズな性格

嫁(旦那)がルーズで貯金ができないという相談を時々耳にしますが、やはりルーズであるというのは貯金をするうえでデメリットが大きいです。

そもそも、ルーズな人の中には家計簿をつけることだけでなく、レシートを貰って確認するという作業ですら面倒くさいという人もいます。そのため、今月いくら使ったのかも分からず、給料日前にはいつもお金がない状態になってしまいます。

このようなルーズな性格の人は、自動引き落としの定額貯金にするなど、なるべく手間をかけずに貯金ができる方法を試してみるのがよいでしょう。