不妊様の特徴と怖いエピソード9つ

不妊様の特徴と怖いエピソード9つ

不妊様という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。不妊様の怖い行動や特徴が時々世間やネットを騒がせています。

そもそも不妊様とは何なのか、というところから見ていきましょう。
不妊様というのは、不妊であることがきっかけで、まるで女王様のようなわがままな態度や行動をして周りに嫌な思いをさせてしまう人たちのことを指します。

ここで注意しておきたいのは、不妊様という言葉は、妊娠したくてもできない不妊の人たち全般を指す言葉ではないということです。不妊で悩んでいる女性の大半は、不妊様ではなく大人な対応をしています。不妊様は、ごく一部の人達を指して言う言葉です。

以下、不妊様と呼ばれる人たちの特徴と怖いエピソードをまとめました。




不妊様の特徴

妊娠・子供に神経質に反応する

妊娠や出産、子供に関する話題に対して神経質になりすぎているのが、不妊様の特徴の一つです。不妊の女性の多くは、友達や同僚の妊娠・出産が羨ましかったり、内心嫉妬してしまったり、心から祝福できなかったりします。それは、人間として自然な感情だと思います。

しかし、不妊様の場合は、そのモヤモヤした感情を内側に留めておけずに顕著に表に出してしまいます。

エピソード

・「Aさん、妊娠したんだって」と第三者(Bさん)から聞いただけで、「Bさんは私をいじめている」「私にそんなこと教えてくるなんて無神経だ」などと被害妄想とも取れるような愚痴を周りに言う。

・妊娠報告をした友達に対して、急に冷たくする、縁を切ろうとする、既読無視する。

周りに八つ当たりをする

不妊は、妊活の期間が長ければ長いほど、精神的にも追い込まれていくものです。不妊治療は、よく出口の見えないトンネルに例えられます。努力が報われるという保証もありません。周りが簡単に妊娠していくのに、こんなに頑張っている自分には赤ちゃんがやってこないのかと理不尽な思いを抱えている人は沢山います。

そんな中で、不妊様は自分がなかなか妊娠できないストレスを発散するために、子連れの女性に八つ当たりしてしまう場合があります。

例えば、以下のようなエピソードがあります。本人は、こういうことをこっそりしているつもりでも、案外周りは冷静に見ているもので、痛い不妊様だと思われていることでしょう。

エピソード

・ベビーカーを押している女性にわざとぶつかる。

・他人の子供や子育てに「私だったらそんな育て方しない」などと言う。

・SNSで見知らぬ子供の容姿を貶すコメントをする。

過度に気を使わせる

不妊様は、妊活のことで頭がいっぱいで、赤ちゃんや妊娠の話題になるだけでピリピリとしてキレてしまう場合があります。そういう話題になると機嫌が悪くなってしまうため、周りの人達は子供の話から芸能人の妊娠のニュースまで不妊様のNGの話題に触れないように、とても気を使わなければいけない状態になります。

本人としては、「私は可哀相な存在なんだから、察してくれて当たり前」と思っています。不幸な悲劇なヒロイン像を自ら創り上げているわけです。周りに気を使わせてばかりで、いつの間にか腫れ物扱いになってしまっていても本人はそのことに気づいていないかもしれません。

エピソード

・一人目の妊娠報告のときに機嫌を悪くさせてしまったので、二人目の報告を出産まで遠慮していたら、今度は暴言を吐かれた。

妊娠したとたん豹変する

不妊様の最大の特徴は、妊娠したとたん態度や考えが豹変することです。妊娠ハイとも言いますね。本人は、頭がお花畑状態なので自覚がありませんが、周りからするとうざいと思われているかもしれません。

エピソード

・妊活中は、妊娠検査薬の写真やエコー写真、子供の写真をSNSにあげる友達について、「ありえない」と悪口を言っていたのにも関わらず、妊娠したとたん妊娠・子供関連の幸せアピール投稿ばかりになる。

・不妊で悩んでいる人に上から目線になってお節介を焼く。妊娠しているのにツイッターやインスタグラムの不妊アカウントに張り付いている人など。

・妊活中は冷たくしていた友達に、妊娠した途端に手のひらを反すように「もうすぐママ友になるね」と言って仲良くしようとする。