自慢する人の心理と嫌われる自慢話とは

自慢する人の心理と嫌われる自慢話とは

何故かいつも友達や上司の自慢話を延々と聞かされてうんざりしている人も多いのではないでしょうか。素直にすごいと思えることもありますが、男性でも女性でも自慢が多い人にはイライラして疲れてしまうものですね。

また、ついつい自慢をしてしまうという人もいるでしょう。自慢をしないように気を付けているのに、家に帰ってから、また言ってしまったと一人反省会をしてしまう人もいるかもしれません。私も、無意識に発した言葉を、後から思い返して自慢に聞こえたかなと不安になってしまうことがあります。

自慢する人の心理と、嫌われる自慢話の特徴についてまとめました。




自慢する人の心理

承認欲求が強い

自慢話をする人というのは、自分のすごさを分かってほしい、認めてほしいという思いがとても強いのが特徴的です。

周りの目を気にして生きていて、「すごいね!」「羨ましい!」などという周りの称賛をとても価値のあることだと思っています。逆に、自慢をしない人というのは、周りが褒めてくれても、それほど喜びません。

自慢話が多い人は、誰かが自分のことを褒めてくれたら、それで1日上機嫌でいられるくらい他人からの評価を大事にしています。他人の評価こそが自分の価値を決めると思っています。例え、それがお世辞だったとしても、周りが自分を認めてくれる発言をしてくれたという事実が嬉しいのです。

劣等感が強い

では、なぜ自慢をする人はそんなに他人から「すごい!」と言ってほしいのでしょうか。

答えは単純です。自己肯定感が低く、自分が満たされていないからです。

現状の自分自身に対して、劣等感があるのです。自分に自信がないから、周りに対しても、みんな自分のことを馬鹿にしているんじゃないだろうかと疑心的になっています。

そして自己アピールをして、それを聞いてもらって、褒めてもらうという一連のパターンを通して、その疑心的な気持ちを否定し、劣等感で満たされない思いを埋めているというわけです。

自分と他人を比較している

あの人はみんなから褒められているのに自分は褒めてもらえない、という他人との比較・競争心理によって自慢をしてしまうケースもあります。

一般的に、多くの人から「あの人すごいね」と言われる人というのは、自らすごいということをアピールしなくても、普段の行いなどの積み重ねで認められていきます。しかし、その「褒められている」という結果だけを見て、嫉妬してしまう人は、その結果を先回りして得ようとして、自慢してしまうのです。

相手より優位に立ちたい

一対一で話しているときに自慢するケースです。

あなたの周りに、二人で会うときだけいつも自慢してくる友達やママ友はいませんか。

そういうケースは、いわゆる『マウンティング』という心理が働いています。相手より上に立ちたい、相手を自分の下に置いて優越感に浸りたいという深層心理ですね。

自慢というのは、案外相手を選ぶもので、どんな相手にでもできるものではないのです。

例えば、あなたがフィギュアスケートで2回転飛べるようになったとします。この話を、羽生結弦選手に「私ジャンプ得意なんだ」と自慢しようと思いますか?

あなたが最近数人の男性に告白されたとします。これを佐々木希さんに「私モテるの」と自慢したいと思いますか?

これらのエピソードが相手にとって、自慢にならないのは明白ですよね。相手がその分野で上だということが明らかだからです。そういう場合には自慢しようと思わないものです。

自慢話というのは、その分野に全く無関係の相手か、あるいはその分野で自分と同レベル以下の相手にしかできないものです。

そのため、いつも二人きりの時に自慢ばかりする人がいるのなら、その人はあなたを見下している可能性があるということです。

嫌われる自慢話とは

自慢話の例と種類

一口に自慢話といっても数種類があります。代表的なのは以下の2つですね。例とともに見ていきましょう。

・ストレートな自慢
例:「私テストで100点取っちゃった!」「聞いて、私彼氏できちゃった!」

・愚痴風自慢

例:「私、この前新車とマイホーム買っちゃってお金ないの」「私この前街歩いてたら、3人もナンパしてきたの。うざいわー。」

嫌われるのはどっち?

代表的な2つの自慢話のパターンを紹介しましたが、より嫌われるのはどちらだと思いますか。

愚痴風の自慢をする人というのは、自慢をすることに後ろめたい気持ちがあって、自慢に思われないように愚痴でカモフラージュしている場合が多いです。

しかし、愚痴風の自慢というのはストレートな自慢よりも嫌われやすいです。

なぜかというと、愚痴風の自慢というのは、腹黒い印象を与える上、相手は反応に困るからです。ストレートな自慢であれば、「すごいね!」と言えばいいのである意味相手は楽です。仲のいい間柄なら、「もう何、自慢?」などと突っ込むこともできるでしょう。

一方で愚痴風の自慢は、はっきりとした自慢ではないため、聞かされる方は「すごいね」と言って流すわけにもいかず、一方的ながら屈折した形で自慢されることになるのです。

美人で同性に嫌われる・好かれる人の4つの違い